勃起度を自らチェックしてみよう!

米国では、自分でチェックできる評価スケールがあります。EDにお悩みの方もそうでない方でも簡単に診断できるものなので0~4の5つのスコアで判定しましょう。治療後の効果を知るためにも使えます。

5段階のスケール

米国版をもとに日本語版の「勃起の硬さ指標(EHS)」が2009年に開発されました。簡易的な診断ができる目安です。

【グレード0】 陰茎が大きくならない。
【グレード1】 陰茎は大きくなるが、硬くはない。
【グレード2】 陰茎は硬いが、挿入に十分なほどではない。
【グレード3】 陰茎は挿入には十分硬いが、完全には硬くはない。
【グレード4】 陰茎は完全に硬く、硬直している。

グレード0~2は他の環境による現象かもしれませんが、EDの可能性があります。グレード3でも性行ができなければ判断されることがあります。この状態であっても、治療薬を用いることでグレード4への改善が見込めます。諦めずに受診の上、バイアグラなどの薬を試してみましょう。

日本語版EHSの結果は日本性機能学会がまとめていますが、EDを疑うための目安として活用してください。詳しく知りたい場合は医療機関を受診しましょう。

食べ物に例えるイメージ

勃起時の硬さを身近な食物を評価基準にして考えると更に分かりやすい指標となります。絶対的なものではありませんが、一応の目安として知っておきましょう。

【グレード1】 こんにゃく
【グレード2】 みかん
【グレード3】 グレープフルーツ
【グレード4】 りんご

セルフチェックの結果はいかがでしたしょうか。リンゴの硬さを維持できている場合は健康な状態といえます。勃起硬度をどのように評価できるかにより、今後の対処も変わります。0~2に当たる方は迷わず医師への相談へ出向いてください。3の状態が続く人も不安であれば早めに処置しましょう。

健全なED治療ができるための指標を役立て、生活の質を向上させてくださいね。

SNSでもご購読できます。